CSRヘの取り組みCSR

松村組トップページ > CSRヘの取り組み > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

当社は、内部統制システムに関する基本方針に則り、コーポレート・ガバナンス体制を展開し、経営の健全化・透明化の維持・継続に努めてまいります。

  1. 取締役は4名の構成で、原則、毎月1回の取締役会を開催し、会社経営の重要事項に関する決議を行ないます。また、社会のニーズに迅速に対応できる経営環境を構築するため、取締役の任期を1年としています。
  2. 監査役は、取締役会にも出席し経営状況を監視しています。また、会計監査人並びに監査部からの報告を受け相互の連携を図っています。
  3. 経営会議は、取締役が出席し、取締役会への報告ならびに付議事項の事前審議と、その他経営においての重要な事項について協議・検討する会議であり、原則、毎月1回開催しています。
  4. 店長会議は、取締役・執行役員・ならびに各店長が出席し、取締役会と本部長会議で決定した指示報告を行ない、原則、四半期に1回開催しています。また、各店長から目標進捗の報告を受け、不達の場合は改善策を検討し情報の共有を図っています。

コーポレート・ガバナンス体制図