リニューアル事業Renewal

松村組トップページ > シックハウス

シックハウス

新築またはリフォームした住宅やビルなどにおいて、室内に入ると身体の変調を訴える事例が増えています。これらの症状が『シックハウス症候群』と呼ばれるもので、室内空気に含まれる各種の化学物質による汚染が原因であることがわかってきています。

どんな症状?

呼吸などにより化学物質が体内に取り込まれて、健康影響を引き起こすわけですが、その症状には、気分が悪くなる、のどが痛い、咳が出る、だるいなど様々なものがあります。シックハウス症候群の特徴は、これらの症状が問題の建物や室内から出ることで解消されることです。

なぜ起こるのか

建材などによる要因
人々の住まい・建築に対する要求は高度で多様化しています。それらに応える方策として建材の多機能・高機能化、コストダウンを実現するために建材メーカーは各種の化学物質を用いて新建材や接着剤を開発し、私たち施工会社はそれらを使用してきました。近年、これらの化学物質の中に人体に影響を与える物質が含まれていることがわかってきました。 建材以外では家具からも化学物質が放散する場合があり、殺虫剤やヘアスプレー、煙草など生活用品のなかにも各種化学物質を放散するものがあります。

建築の構造による要因
石油ショック以降、我が国では省エネルギー技術が進歩し、住宅でもビルでも高気密・高断熱とすることが常識化しました。一旦暖めた(冷やした)室内の空気を外に逃がさないということで冷暖房エネルギーを節減し、経済的にも有効なことは広く認知されています。しかし、意識して計画的な換気を行わないと空気中の汚染物質の濃度が高まる一因ともなっています。

問題となっている化学物質

平成8年〜9年度に(財)住宅・建築省エネルギー機構が運営した「健康住宅研究会」では、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンの3物質と可塑剤、木材保存剤(現場施工用)、防蟻剤の3薬剤を優先取組物質としました。これらの物質を含む可能性のある建材の例は表-1の通りです。また厚生労働省は平成14年1月までに表-2の13物質の室内濃度指針値を定めて公表しています。

表-1 優先取組物質を含む可能性のある建材・施工材の例

建材・施工材 含有している可能性 のある優先取組物質
合板、パーティクルボード、MDF ホルムアルデヒド(接着剤)
断熱材(グラスウール) ホルムアルデヒド(接着剤)
複合フローリング ホルムアルデヒド(接着剤)
ビニル壁紙 ホルムアルデヒド(接着剤)、可塑剤
防蟻剤(木部処理・土壌処理剤等) 有機りん系、ピレスロイド系殺虫剤
木材保存剤(現場施工用) 有機りん系、ピレスロイド系殺虫剤
油性ペイント キシレン
アルキド樹脂塗料 キシレン
アクリル樹脂塗料 キシレン
油性ニス トルエン、キシレン
<上記以外の接着剤>
壁紙施工用でん粉系接着剤 ホルムアルデヒド
木工用接着剤 可塑剤
クロロプレンゴム系溶剤形接着剤 トルエン、キシレン
エポキシ樹脂系接着剤 キシレン、可塑剤
エチレン酢酸ビニル樹脂系エマルジョン形接着剤 トルエン、キシレン、可塑剤
ポリウレタン(溶剤)系接着剤 トルエン

表-2 厚生労働省の室内濃度指針値

揮発性有機化合物 室内濃度指針値
ホルムアルデヒド 100μg/m3(0.08ppm)
アセトアルデヒド 48μg/m3(0.03ppm)
トルエン 260μg/m3(0.07ppm)
キシレン 870μg/m3(0.20ppm)
パラジクロロベンゼン 240μg/m3(0.04ppm)
エチルベンゼン 3800μg/m3(0.88ppm)
スチレン 220μg/m3(0.05ppm)
クロルピリホス 1μg/m3(0.07ppb)
0.1μg/m3(0.007ppb)
(↑小児の場合)
フタル酸ジ-n-ブチル 220μg/m3(0.02ppm)
テトラデカン 330μg/m3(0.04ppm)
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 120μg/m3(7.6ppb)
ダイアジノン 0.29μg/m3(0.02ppb)
フェノブカルブ 33μg/m3(3.8ppb)
総揮発性有機化合物量(TVOC) 暫定目標値400μg/m3

建築上の対策

室内の空気環境に配慮して健康への影響を低減していくための基本的な考え方を以下に示します。現状では建築材料から化学物質を排除することは不可能なので上で挙げた「優先取組物質」の室内濃度を低減させることを目標としています。

適切な材料選択

建材・施工材を正しく施工する

  • メーカーなどから取扱説明書や施工要領書を入手して、適量を適切な手順で施工する
  • 計画的な工期を設定する
  • 接着剤や塗料の乾燥に充分配慮した工程を設定、管理する
  • 施工完了から引き渡しまでに少しでも多くの換気養生期間を設ける

換気・通風の配慮

  • 効率的な換気ができるような窓の配置や間取り計画をたてる
  • 適切な換気量を確保する