リニューアル事業Renewal

松村組トップページ > 建設リサイクル法

建設リサイクル法

「建設リサイクル法」が平成14年5月30日から施行されています。特定建設資材を用いた建築物等の解体工事、特定建設資材を使用する新築工事等で一定規模以上の工事(対象建設工事)については、特定建設資材廃棄物を基準に従って工事現場で分別(分別解体等)し、再資源化等することが義務付けられます。

対象建設工事とは

建築物の解体 80m2以上
建築物の新築・増築 500m2以上
建築物の修繕・模様替(リフォーム等) 1億円以上
その他の工作物に関する工事(土木工事等) 500万円以上

特定建設資材とは

  • コンクリート
  • コンクリート及び鉄からなる建設資材
  • 木材
  • アスファルトコンクリート

分別解体・再資源化の発注から実施への流れ

「建設副産物リサイクル広報推進会議」資料より転記