採用情報Recruitment

松村組トップページ > 採用情報 > 先輩たちの声: 菊地 領

先輩たちの声:菊地 領 平成25年入社(本社 経営管理本部 経営管理部 経理財務グループ)

菊地 領 平成25年入社(茨城県出身) 本社 経営管理本部 経営管理部 経理財務グループ 法学部出身。在学中から経理・財務のスペシャリストを志向し、 念願かなって入社後は経理部門に配属。経理×建設業という2つの専門性の深さに魅せられ、仕事の合間の受験勉強を経て昨年秋に「一級建設業経理士」を取得した。休日は野外ライブに行くのが楽しみという経理財務グループの若手のホープ。

現在の仕事、心がけていること

経理会計業務(支払い、入金、決算)全般を担当しています。入社2年目から仕事の質・量とも一気に変わり、当初は「作業」の多さに圧倒されました。いまも悪戦苦闘の日々ですが、少しずつ作業ではなく「仕事」が出来る力、『仕事力』を身につけていきたいと考えています。

入社の動機

将来、資格や専門性を生かせる仕事に就きたいと考えて、経理か営業に希望職種を絞って就職活動しました。松村組は友人の紹介で知ったのがきっかけです。
さまざまな企業を訪問しましたが、松村組は人事担当が分かりやすく会社の説明をしてくれたこと、何よりゼネコンならではの専門性の高い経理業務に就けることが魅力で、素直に「この会社に入れたら良いな」と思っていました。
結果、採用されて希望の職種にも就くことが出来、ほんとうに嬉しく思っています。そして実際に仕事をするにあたり、「歴史ある会社なのに成長が早い」「組織の風通しが良い」など、それまで見えなかった長所が次々に見えてきました。私はまだ後輩のいない最若手ですが(笑)、後輩や入社希望の学生にはこんな松村組の良さを自分の言葉で伝えてあげたいと思っています。

入社後の印象は

とにかく「働いてからが勝負」ということ。求められる早さも精度も想像とは全く違うレベルでした。長い間就職活動を行い、就活のツラさも人一倍分かっているつもりなのですが、それ以上に仕事の世界はしんどかった(笑)。
その分、面倒見の良い上司と先輩のありがたさが身にしみます。こんな場(“先輩達の声”)で言うのもどうかと思いますが、本当に良い職場だと思います。

取り組んでいることと、転勤について

着工から引き渡しまで1年以上かかる物件が多い建設業では、他の業種とは違い建設業会計という特殊な会計制度を用います。私もようやく「建設業経理士」を取得でき、やっと業界の入り口に立てたような気がするのですが、先輩達は、その数字が何を意味し、未来がどう動くのか「その先」を見つめている。今はとにかく、先輩達の世界に追いつき、自分を高めたい想いでいっぱいです。

その一方、もし“現場へ異動”という声がかかれば、その時はぜひ、チャレンジしたいと思います。ゼネコンの“花形部門”である現場をもっと知りたいという思いもあるし、いろいろ経験することが自分自身の将来にプラスになると思うんです。

いろいろなフィールドが待っている松村組のことを、一人でも多くの方に知ってもらいたいし、できれば一緒に働きたい。ぜひ、僕の(初めての)後輩になって先輩を質問攻めにしてください!